アラサーの初マタblog

初マタの備忘録です。先天性股関節脱臼になった事にも触れていきます。

授乳トラブル奮闘記②母乳パッド編

痛かった授乳を思い出して

今でもお乳がキューンとなります。゚(゚´ω`゚)゚。

 

4ヶ月経った今では

ぜーんぜん痛くなくなり、授乳の時間は

愛おしい時間へと変わりました!

 

 

最初の2ヶ月をふと思い出していたところ、母乳パッド選びでも奮闘したなぁと思い

ブログに書いておきます!

 

 

それは1ヶ月経った頃、授乳で痛いのは

当たり前でしたが、

それに加えて、授乳した後もずっと胸が痛いのです。

 

その痛みは乳首だけではなく胸全体に

チクチク、ジワーンと広がりました。

イメージでいうと、剣山を胸に押し付けららている様な感じでした:(;゙゚'ω゚'):

 

 

しかもすぐには収まらず、1時間過ぎても痛い時なんかもありました。

 

 

そんな痛みに耐えているうちにまた授乳!

という感じだったので

流石にキツいなぁと思い、

 

出産した産婦人科助産師さんに電話で

聞いてみることに。

 

 

すると、

 可能性として乳首が細菌で炎症しているかもしれないと。

 

その時に、母乳パッドは使い捨てかを聞かれ、

使い捨てタイプを使ってると伝えました。

 

紙の母乳パッドの場合、母乳が出ると母乳パッドの中は湿気が困り、ブラジャーの中は高温多湿になりやすいそうです。

 

細菌はその高温多湿の環境を好むので炎症がでやすくなってしまうかもと言われました。

 

 また紙の母乳パッドはかぶれる事もあるそうです。

 

確かにそんなに母乳パッドがベトベトになっていたなかったので
あまり交換もしていなかったので、

かぶれたりした可能性は高いですね^^;

 

 

使い捨ての母乳パッドの替わりに、

ガーゼを母乳パッドの代用として使うやり方を助産師さんに教わりました。

 

 

痛みが治まるのであれば!と思い早速

教わったガーゼで代用してみました。

 

 

果たして効果は…!?

 

 

 

うーーん、

 

なんとなーく前よりは痛みがまし?かな??

 

 

という感じで、劇的にすぐ痛みが治まりはしませんでした。

 

なのでとりあえず続けてみましたが

一つ問題が出てきました。

 

 

ガーゼが足りない!

 

 

母乳パッド代用のガーゼはすぐに濡れて

ベタベタになる為日に何度も替える必要があり、

手持ちのガーゼが毎日足りず、乾かしては使いの繰り返しでした。

 

買い足せばいいものの、使わなくなった後が

勿体無い様な気がして買い足しを悩んでいたところ、

 

母からの一言!

 

「布製の母乳パッドにすれば?」

 

 

 

おーー!流石経験者!

 

早速ネットで調べると、すぐに出てきました!

母乳パッドの作り方が!!

 

 

勿論作るのは母!笑

 

ほんと、お母さんて有難いですね(^ν^)

 

 

お裁縫上手の母がいて私はめっきり裁縫のスキルはありません!

 

そんな母が作ってくれた布製の母乳パッド。

 

 

使ってみると、

 

 

これはなかなか良いではないか(^ν^)

 

ガーゼのよりも吸水性があり、

使い捨て母乳パッドよりも通気性があるので

私にはとても合っていました。

 

 

母がたくさん作ってくれた事もあり、

それからは布製の母乳パッドをメインに使い始めました。

 

 

すると、あの剣山を刺した様な痛みは

いつの間にかなくなっていました。

 

 

母乳パッドを布製に替えた事なのか、

自然と治ったのかは定かではありませんが、個人的に布製の母乳パッドは正解でした!

 

 

何度も洗濯が出来るので経済的ですね!

 

私の場合、母が手作りしてくれたので

ほぼタダで手に入りました(使った布はほとんど家にあったものを利用しました)。

 

器用な方はハンドメイドで作るのがいいかもしれません。

 

ただ、割と作るの大変!

と母が言っていたので、すぐに使いたい!

作るの面倒だなという方はネットで購入するのが一番早く手に入るかと思います。

 

オーガニックコットンのものなんかも使ってみたいですねぇ(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

 

現在は授乳、おっぱいに関するトラブルはなくなりました。

 

乳腺炎にも有難い事になっていません。

 

 

もうすぐ離乳食が始まり、卒乳に向かっているなあと最近感じます。

 

 

おっぱいを飲んでいる我が子はとっても愛おしくて、今しかない授乳の時を

噛みしめておこうと思う今日この頃です。