アラサーの初マタblog

初マタの備忘録です。先天性股関節脱臼になった事にも触れていきます。

里帰り出産について

f:id:tomtoma025:20170124143251j:plain

 

現在私は里帰りをしております。

 

というのも、旦那さんの仕事で東京に住んでいますが

実家も旦那さんの実家も遠方です。

なので妊娠してすぐに何も考えずに「まぁ里帰りだわ」と決めていました。

 

実際に里帰りをして1ヶ月半が経とうとしているところですが、

正直なところ、きちんと考えて行動すべきだったなと 若干後悔しております。

 

後悔、というよりも結局は恐らく里帰り出産を選んだとしても きちんとメリット・デメリットを考えていれば良かったなと今更ながら反省しています。

 

・実家に里帰りするメリット

 

①家事をやってもらえる楽さ  

もうこれがほぼ!と言っていいでしょう。今まで毎日毎日洗濯・ご飯の支度、掃除と  やらねばならなかったことが全て!母にしてもらえます。勿論、手伝ったりはするものの、家主は母なので主導で動くのは母がやってくれます。また身重ということもあり、割と甘えても叱られません。

 

②母・姉・親戚などから情報が得られる

これは私の場合なのですが、親戚や姉が皆同じ産婦人科で出産をしていました。

なので、行く前から  どんな所なのか(大部屋?個室?先生はどんな人?等)が分かっていたので安心して出産する病院を決められました。

また、産後なども経験者の母・姉がすぐ近くにいてくれるので母親学級などには全く行っていません!

ちょっとは行けよ!という感じですよね。それもまたメリットとして受け止めています。 この2点が私にとって大きなメリットです。

もう1つ言えるとすると、産気づいた時に周りに誰かいてくれる事でしょうか。

旦那さんは朝から夜遅くまで仕事です。日中にもし万が一陣痛が始まるとしたら 一人孤独に痛みに耐えなければなりません。

実家であれば誰かがすぐに飛んできてくれる環境です。 出産への不安を母と姉という先輩2人が支えてくれるのは大きなことですね。

 

・実家に里帰りするデメリット

 

①旦那さんと会えない寂しさ  

正直、里帰りするまではこんなに寂しいと思いませんでした!笑  

毎日当たり前のように隣にいた人がいなくなるのって、思ったよりも寂しく感じています。

また、母と毎日会話もしますが、やっぱり旦那さんと家族って違うわ!とめちゃめちゃ実感して  旦那さんの存在の大きさを改めて感じている今日この頃です。

 

 ②プライベートな時間が持てない  

実家では母が一人暮らしをしており、甥っ子と姉が平日の夕方から夜にかけて毎日来ています。

まず平日は甥っ子の保育園のお迎え、犬の散歩、夕飯やお風呂に入る時間帯等、実家ルーティンが バッチリあります。

そして甥っ子達が帰った後は母とTVを見るという日々を送っています。

 

③出産時に旦那さんに立ち会ってもらえない  

陣痛が始まる時間帯にもよりますが、東京から飛行機でないと 移動できない距離の実家の為、恐らくですが、出産に立ち会ってもらえないと思います。

また、仕事もあるので、産後すぐから我が子と接することができないという事も 申し訳ないなという気持ちがあります。

よくネットサーフィンなんかで見ると、里帰り出産についてネガティブなコラムや 意見があり、産後すぐから触れ合わないと父性が芽生えにくいとかウンタラカンタラという 記事やコメントを見ると不安しか芽生えません。

 

④住環境が大きく変わる

住む家、場所が違うので今までの生活と異なって来ますね。 大きくは東京ではほぼ歩き&電車移動だった事が全て車移動になり、逆に運動不足になりました。

また家が広いので空気が寒い!!我が実家の場合はお風呂場の寒さがハンパないです。もはやお風呂は修行かよ!という位寒いので、リラックスはできません。

今は母と同じ寝室なのですが、母のイビキがひどく慣れたものの割と寝づらいです。

しかもこれまた寒い!頭だけめちゃめちゃ寒いのでフードを被って寝ています。

などなど、実家にも関わらず普段と違う環境での生活は結構 実家でのストレスを感じる事については、 それまでの実家への帰る頻度であったり、 家族との関係性で違うとは思います。

 

私の場合、実家を出てから10年以上過ぎました。

 

実家を出てから分かった事ですが、私は割と一人の時間が好きなようです。 予定をたてて行動するのはあまり好きではないという事も分かりました。

ようするにグータラ気質ですね。

 

母や姉はどっちかというと予定を立てて行動するタイプでしょうか。

また、母は予定がない、やる事がないという事に対しとても不満やネガティブな感情を抱いています。 娘ながら、全く真逆な性格だなぁと最近思いました。

 

基本的にほぼ毎日やる事が決まっているので、のんびり過ごす事ができない状況。

また、母の相手をしないといけないという妙な義務感に少しずつストレスを貯めていきました。

 

更に母親と似ている点として、お互い口が悪くちょっとしたことで カチンとするような事を言われたり言ったりしていて 機嫌が悪くなる事も日常茶飯事でした。

 

そんな感じで3週間ほど経ったある日、色々と溜まった母の辛辣な言葉に もう我慢の限界で大ゲンカをしました。

 

正直言うと、私はモヤモヤしても出産し、落ち着くまでは感情的になり過ぎたり しないようやり過ごす決意をしていたところ、あまりの言い方に流石に参ってしまいました。

もう大号泣です。笑

 

本当にその時は旦那さんのいる東京へ帰りたかったです。

 

とはいえ、悪いところは私にもあり、全て母が悪いという事でもなかったので 大人としてきちんと話合いをして、今は一応落ち着いています。

 

この時思ったのは、やはり母も年老いたなぁと。

仕事もすでにリタイアし、人と関わる事が減った分、悪い部分が助長されている事。

地元を離れている、里帰り出産という立場は母も経験のない事だから どういうストレスがかかるかという事の説明から色々と話ました。

 

結局、なんか分からない感情論で返してくるので論破できずうやむやに なりましたが、以前よりはお互いにいい意味で気を使うようになれたと思います。

 

 

と、ダラダラと結構な愚痴を書いてしまいましたが、

 

思う事は里帰り出産でもそうでなくっても赤ちゃんが産まれてくるという事は それはそれは大変な事です。

なので、その一大イベントへ向けて自分がどうすべきなのか きちんと考えた上で判断した方がいいという事を今回の件で 分かった事です。

 

そして、里帰り出産をする場合は 実家にいる家族との関係性やどういう暮らし方かを 帰る前や帰ってすぐに家族と共有をしておくのも揉めない為に 必要かもしれません。